Home » 新太閤記(一): 1 by 海音寺 潮五郎
新太閤記(一): 1 海音寺 潮五郎

新太閤記(一): 1

海音寺 潮五郎

Published June 25th 1979
ISBN :
Kindle Edition
360 pages
Enter the sum

 About the Book 

尾張の鉄砲足軽の子、与助は、その容姿から「猿」とあなどられる愛嬌者の百姓だった。小さな体に秘められた出世への情熱は熱く、智謀にたけ、努力の甲斐あって織田家の小者をふりだしに、トントン拍子の出世街道に漕ぎ出す。木下藤吉郎と名を改め、人心をつかむ術にたけた彼は巧みな取入りと人使いで、清洲城の普請に、桶狭間の戦いにと八面六臂の活躍で功をあげ念願の士分にまでとりたてられた。一代の英雄を描いて興趣つきない極めつき太閤記。